ハイタッチスポーツ クッブにようこそ!

思わずハイタッチ!
思わずハイタッチ!

 クッブ(Kubb)はスウェーデン発祥の薪投げゲームです。子どもから高齢者までハンディをつけずに楽しむことのできるニュースポーツです。

 

 クッブは2チーム対抗で向かい合って行い、相手チームのクッブ(木片)をカストピンナ(木棒)を投げて倒し、全部倒した後に中央のキング(王様)を倒すと勝ちとなる的当て・陣取りゲームです。人数は基本6人対6人ですが、2〜10数人でもゲームが出来ます。

 

 クッブは小学校高学年以上であれば年齢、性別、体力などに関係なくどなたでも楽しめます。また、一投一投で戦局が変わり、一喜一憂したりナイスショットでは思わずハイタッチをしてしまうなど、チーム全員で喜びを分かち合える他に類を見ないチームゲームです。

 

  <クッブの魅力>

◯ 的当てと陣取り合戦の融合!

 ◯ 思わず手を合わせてしまうハイタッチゲーム!

  ◯ 戦略を考える楽しさ!

   ◯ 子どもから高齢者まで同じレベルで楽しめる!

    ◯ 木と木が奏でる音の爽快感

 

 日本クッブ協ではこの素晴らしいゲームで笑顔の輪を大きくしたいと普及に取り組んでいます。講習会の開催、イベントの開催、ルールの詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。